「ダイヤモンドプロバイダー」

みなさん、こんばんは。

表参道矯正歯科 診療スタッフのSKと申します。
➡今回が初めての投稿になります(^^)/
ご来院頂く方から良くご質問を頂くのですが、
「この”ダイアモンドなんとか”というトロフィーって凄いんですか?」(画像参照)
この場をかりて、お答えさせて頂きますね。
※院長自ら説明するのは・・・と思いましたので(^^♪
当院院長の川崎は、2017年から2年連続で「インビザライン ダイヤモンドプロバイダー」という
認定を米国アライン・テクノロジー社より受けました。
➡アライン・テクノロジー社は、マウスピース型矯正装置のパイオニア企業で
インビザラインを開発・運営している会社です。
インビザラインは症例数によってランクが変わります。
で・・・川崎院長のランク「ダイヤモンドプロバイダー」は、どれぐらいのランクかと言いますと・・・
年間151症例以上のドクターに与えられる賞で、日本国内ではトップ10に入ります。
IMG_0422
 【インビザラインドクターのランク】
ダイヤモンド・プロバイダー(151~400症例)➡ 川崎院長はココです!
プラチナエリート・プロバイダー(81~150症例)
プラチナ・プロバイダー(51~100症例)
ゴールド・プロバイダー(21~50症例)
シルバー・プロバイダー(11~20症例)
ブロンズ・プロバイダー(1~10症例)
インビザラインは経験値により、その治療精度も大きく変わります。
これからも、高度な技術を安価に提供出来るよう研鑽してまいりますので、
今後とも表参道矯正歯科を宜しくお願い致します(^^)
#表参道矯正歯科 #表参道インビザライン #表参道部分矯正
#表参道マウスピース矯正 #ダイアモンドプロバイダー #川崎健一