フルリンガルブラケット(見えない裏側・舌側矯正)

リンガルブラケット

「矯正装置が見えるのはイヤ」まわりの人から気づかれずに歯科矯正をしたい方に

リンガル ブラケット
裏側(舌側)矯正装置(超小型STbブラケット/クリッピーLブラケット使用)

上下とも歯の裏側(舌側)に装置をつけて行う矯正治療。普通に会話したり、食事する場合でも前からはほとんど見えません。周囲に気づかれずに歯科矯正を行いたいという方・・・例えば、モデル・タレントといった芸能関係の方、接客業の方、就職活動などを予定している方・・・にもおすすめです。

さらに、従来サイズの約半分の大きさになった、極小・極薄の超小型舌側矯正装置 (STbブラケット/クリッピーLブラケット)を使用することで快適さもアップ。裏側矯正にありがちだった舌への不快感、歯の痛み、発音しにくいなどのマイナス点が格段に軽減されます。

※超小型裏側矯正装置 STbブラケット/クリッピーLブラケットとは

これまで矯正歯科で主に使用されていたの裏側矯正治療ブラケット(=歯とワイヤーを固定するための装置)に比べ、幅・厚みとも半分以下。全体的に丸みを帯びたフォルムで、口内での異物感にも配慮しています。

超小型舌側矯正装置 (STbブラケット/クリッピーLブラケット)なら、舌を歯の裏にあてて発音するサ行・タ行・ラ行などの発音にもほとんど支障がありません。さらに、ワイヤーとの摩擦も少なく、歯のがたつきなども改善できます。従来よりスピーディーに歯を移動させることができるため、治療期間も短縮できます。また、汚れや歯石が溜まりにくく、普通の歯ブラシによるお手入れで清潔に保てます。

リンガル ブラケット
裏側・舌側矯正(超小型STbブラケット/クリッピーLブラケット)のメリット

  • 外から矯正装置が見えないため、治療中も周囲の人に気づかれません。
  • 上下とも歯の裏側(舌側)に装置を付けるため、口元に厚みが出るなど外見が変化する心配がありません。
  • マウスピース装置と比べて確実に歯を移動させることができます。
  • 見た目が気にならない分、ストレスも溜まりにくく、普段と変わりなく生活できます。
  • 矯正治療しながらホワイトニングもできます。

リンガル ブラケット
裏側・舌側矯正(超小型STbブラケット/クリッピーLブラケット)のデメリット

個人差はありますが、発音や口内の違和感などに慣れるまで時間がかかる場合があります。 表側矯正に比べると、多少の時間と料金がかかります。

カレンダーからのご予約はこちらですメールでのお問い合わせはこちらです