? インビザライン・クリアアライナー(マウスピース型カスタムメイド矯正装置)

マウスピース型カスタムメイド矯正装置

「矯正治療でワイヤーやブラケットに抵抗のある方に」透明マウスピース型カスタムメイド矯正装置

「マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)薬機法対象外※」

1997年、アメリカのアライン社が開発した矯正装置です。アメリカ、カナダの矯正医の約70%がこのシステムによる治療を行っており、現在は世界各国に普及しています。

透明なマウスピース状の装置を使うため、装着していても外からはほとんど分かりません。その点はワイヤーやブラケットを歯につける必要がないので、痛みや違和感が大幅に軽減されます。

また、自分で取り外せるため、食事や歯磨きも従来通りに。マウスピース自体も手軽に洗浄でき、クリーンな使い心地です。

これらの理由から、「マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)薬機法対象外※」は、表参道矯正歯科でも人気の高い矯正装置です。

すでに世界各国で130万名を超える患者様がマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)治療を受けており(2009年12月末現在)、本格矯正に対応した矯正装置です。

「マウスピース型カスタムメイド矯正装置(クリアアライナー)」

日本で作製されるため装着までの期間が短い利点があります。

透明なマウスピース状の装置を使うため、装着していても外からはほとんど分かりません。 その点はマウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)と同等です。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)と比較すると適応症例が限られてくるので、当院では難症例に関してはワイヤー矯正と組み合わせた独自の治療プログラムを提案しております。

透明マウスピース型カスタムメイド矯正装置のメリット

  • ワイヤーやブラケットを使用しないので、口内の違和感や痛みがほとんどありません。
  • 透明のマウスピースなので、装着していても目立ちません。
  • 取り外し可能なので、食事はもちろん、歯磨きやフロスも普段通り行えます。
  • 金属アレルギーの心配がないうえ、マウスピース自体も簡単に洗浄できて衛生的です。
  • ホワイトニングと同時に行えます。

透明マウスピース型カスタムメイド矯正装置のデメリット

  • 一日の使用時間が短いと効果が期待できないため、毎日きちんと使用する強い意志が必要です。
  • 他の矯正治療と比べ、通院回数が多少多くなります。
  • 表側矯正より多少コストがかかります。

カレンダーからのご予約はこちらですメールでのお問い合わせはこちらです