矯正歯科治療について

治療について

矯正歯科について

一般的に言われている矯正歯科とは、悪い歯並びを正しい歯並び、美しい歯並びに治すための治療をする医院です。

矯正歯科は、歯並びを治す専門の歯科医院です。

もともと歯は、力を加えられるとその方向へ移動するもの。

その点に着眼し、歯に装置をつけて持続的に負荷をかけ、正しい位置に歯列を移動させるのです。

歯を削ったり、かぶせ物をしたりする治療法などと違って、時間はかかるものの、健康な歯を温存したまま治療できることが、矯正歯科治療の最大のメリットです。

また、歯並びを治すことによって虫歯や歯周病にかかりにくくなったり、笑顔が美しくなったり、食事がしやすくなったりします。

矯正歯科は、このように歯並びの治療を行った後のメンテナンス、さらに美しい歯の為にホワイトニングなどを行ったりもする、歯列矯正に特化した専門クリニックなのです。

このページの上部へ

不正咬合とは、どんな歯並びですか?

放っておくと口内の様々なトラブルを引き起こしかねません。

「叢生(そうせい)」

叢生とは、八重歯や乱ぐい歯のようなでこぼこの歯並びのことをで、
歯に対して顎が小さすぎることが原因で起こります。

重なり合っているでこぼこの歯は、見た目が悪いだけではなく、
歯ブラシが十分に届かず磨き残しが多くなり、虫歯や歯周病になりやすいというデメリットがあります。

「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」

上顎前突とは、上顎が下顎よりも前に出ている歯並びのことで、いわゆる「出っ歯」のことをいいます。

上顎が大きい、下顎が小さい、などが原因となりますが、
顎骨の大きさに問題がない場合には、指しゃぶりや、
舌で上顎の前歯を押す癖があるなど、何らかの力が加わったことが原因と考えられます。

外見の特徴として、唇が閉じくい、笑うと歯ぐきが目立つ、などがあります。

この症状があると、噛み合わせが悪くなって咀嚼がうまくできません。
また、噛むときに下あごを前にずらす癖がつき、顎の関節に負担がかかってしまいます。

「反対咬合(下顎前突)はんたいこうごう(かがくぜんとつ)」

下顎前突とは、下顎が上顎よりも前に出ている歯並びのことで、
いわゆる「受け口」のこといい、「反対咬合」とも呼ばれます。

両親のどちらかが下顎前突であると子どもにも同じ症状が現れることがあるため、
遺伝的な要素があることがわかっています。

後天的な原因としては、舌で下顎の前歯を押す癖がある、などが考えられます。また、成長ホルモンの過剰分泌が原因となっていることもあります。

外見の特徴としては、下顎が長い印象となり顔の中央が陥没しているように見えます。
この症状があると、咀嚼がうまくできないだけではなく、滑舌も悪くなり独特な話し方になります。

「上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)」

上下顎前突とは、上下の前歯、または上下の顎の骨が前に出ていることで、
口元が全体的に前に出ているように見える状態のことをいいます。
原因としては、遺伝的な要素や、指しゃぶり、口呼吸など生活習慣によるものが考えられます。

歯並びに問題がない場合は、必ずしも矯正が必要とはいえませんが、
無意識に口を開けて口呼吸になることで口の中が乾燥しやすくなり、
虫歯や歯周病になりやすいというデメリットがあります。

「開咬(かいこう)」

開咬とは、上下の歯を噛み合わせた時に奥歯は噛んでも前歯が噛まない歯並びのことをいいます。

逆に、前歯は噛んでいるのに奥歯が噛まない状態も開咬といいます。幼児期に指しゃぶりをしていると、指で上顎の前歯が前に押し出され、下顎の前歯は内側に傾き、上下の前歯の噛み合わせが悪くなることがあります。

この症状があると、咀嚼がうまくできないだけではなく、発音も悪くなってしまいます。

このページの上部へ

歯並びや噛み合わせが悪い「不正咬合」をそのままにしておくと・・

健やかで明るい毎日を送るためには、歯科矯正が必要なのです

(1)見た目が気になります。

前歯が出ていたり、歯並びがガタガタのせいで、口を開けて笑うのが恥ずかしいという人は多いもの。ほかにも、人の目が気になって話す時につい口元に手を当ててしまうとか、人と一緒に食事をするのが憂鬱という話もよく聞きます。日常のそうしたことの積み重ねがストレスになり、体調を崩してしまう場合もあるのです。

(2)顎の成長や顔全体のかたちにも悪影響を及ぼします。

顎の骨や顔の筋肉は、きちんと正しく噛むことで発達すると言われています。でも、不正咬合の場合はそれができず、顎が十分発達しなかったり、顔が歪んでしまうケースも。成人の皆さんはもちろんですが、これから成長期を迎えるお子さんにとっては特に重大な問題です。

(3)虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

自分では丁寧に歯磨きをしているつもりでも、歯が重なったり、凸凹に並んでいると、どうしても隅々までキレイにならないもの。結果、食べかすや汚れが残ったままになり、虫歯や歯周病になってしまうのです。

(4)食べ物をしっかり噛めません。

歯並びや噛み合わせが悪いと、食べ物をきちんと正しく咀嚼できません。そのためよく噛まずに飲み込んだり、丸飲みするクセがついてしまう心配も。消化に良くないだけでなく、胃腸にも絶えず大きな負担をかけることになります。

(5)発音しにくくなります。

噛み合わせの状態によっては、様々な発音障害が生じます。本人は正確に話しているつもりでも、まわりの人には聞き取りにくかったり、誤解されてしまうことも。また、英語をはじめ外国語の発音が難しく、外国語をマスターしたい人や、これから勉強するお子さんには相当なネックとなるかもしれません。

ほかにも、慢性的な肩こりや頭痛など、不正咬合が原因と思われるトラブルは数多く報告されています。

こうした症状を改善し、健やかで明るい毎日を送るためにも歯科矯正が必要なのです。

このページの上部へ

矯正歯科での治療期間はどれくらいですか?

治療内容等に応じて、期間の長短は実に様々です

お一人お一人の歯の状態や症状、治療内容等に応じて、期間の長短は実に様々です。ごくごく一般的な例ですが・・・

お子さんの場合なら、半年から2~3年、永久歯(成人)の場合なら1~3年程度とお考えください。もちろん、具体的な治療期間については、精密検査を行って治療方針を決定する時点で、きちんと改めて説明します。

表参道矯正歯科では、患者様一人ひとりに合わせた、完全オーダーメイドの治療計画・矯正装置を用いることにより、従来に比べてよりきれいに、より短期間で治療が終わるようになりました。

まずはお気軽にご相談ください。

このページの上部へ

治療の流れ

矯正治療の流れ「理想の笑顔までのスケジュール」

表参道矯正歯科は見えない裏側矯正・透明マウスピース矯正の専門クリニック。患者さまひとり一人に合わせた完全オーダーメイドの治療計画・矯正装置で確実に効率よく治療を進めます。治療にあたるのは矯正専門の矯正歯科学会認定医ですので、すべての患者様に最高レベルの治療をお届しております。

美しい歯並びと正しい噛み合わせを手に入れれば、今よりずっと快適な生活が実現します。

あなたが笑顔で治療完了のゴールを迎えるまで、担当医はじめスタッフの一人一人がきめ細やかにサポートしていきます。

(1)無料相談
image

矯正治療に関するカウンセリング、簡単な口腔内診査の後に、治療方針・矯正装置・矯正費用・矯正期間などについて、おおまかにご説明いたします。当院では、豊富な矯正治療例の中から実際の治療例を見ていただきながらご説明しております。

表参道矯正歯科では、患者様の歯科矯正への不安を解消していただけるよう、どんな疑問にも懇切丁寧にお答えします。(約40分)

(2)精密検査
image

実際の治療方針を決定するために、現在の歯並びや顎の骨の状態などを詳しくチェックいたします。具体的に行うのは口腔内診査・口腔内写真・歯型のかたどり・レントゲン写真等の精密検査します。

これらの情報を元に、患者様ひとり一人に最適な矯正治療のプランを立てます。(約60分)

(3)分析・診断
image

精密検査の結果を分析し、患者様に最適な矯正治療方針を決定。使用する矯正装置・治療期間・矯正料金などについて詳しくご説明いたします。

もし虫歯や歯周病の治療が先決と判断した場合、また抜歯が必要となる場合も、この段階でお話しし、ご相談いたします。

(4)治療開始
image

歯に矯正装置を装着して、ここから治療が始まります。患者様に最適な完全オーダーメードの矯正治療方法・矯正装置で治療を開始します。

初めは装置や痛みに対する不安が多い時期です。表参道矯正歯科は、ドクターは矯正歯科専門医、治療にあたるスタッフは全員国家資格を持った歯科衛生士です。患者様の不安を優しく解消いたします。

患者様の気持ちを大切にした治療を心がけております。

(5)矯正治療
image

矯正中は4~5週間に1回(インビザラインは2~3週間に1回)通院していただきます。その際、歯を動かしていくための装置・ワイヤー等のチェックや調整を行います。また、矯正装置をつけると、どうしても歯が磨きにくくなるもの。 表参道矯正歯科では、虫歯・歯周病予防のため、ライセンスを持った歯科衛生士が、毎回歯のクリーニング・虫歯チェック・歯みがき指導・フッ素コーティングを行います。

歯列矯正治療の終盤には表参道矯正歯科式スマイルトレーニングを開始。自信を持ってチャーミングな笑顔をつくれるようアドバイスいたします。

(6)保定期間
image

移動を終えた後もしばらくの間、歯は元に戻ろうとする性質があります。そこで、食事の時などには取り外すことができる透明な保定装置を使い、移動した歯をしっかり安定。3~6ヵ月に1回程度、およそ2年間の通院をおすすめしています。

このページの上部へ

矯正歯科治療例

表参道矯正歯科での歯列矯正例

当院では矯正歯科専門の矯正歯科学会認定医がすべての患者様の治療をいたしております。患者様に最適な矯正治療の方法、装置などをオーダーメイドして施術いたします。そのため仕上がりが大変きれいで、治療期間も従来よりも短期間になりました。

(1)叢生(そうせい)

歯並びがガタガタで口が閉じにくかったので、上下小臼歯を抜き、治療しました。

叢生

口元がきれいになり、口も自然に閉じられるようになりました。

(2)過蓋咬合(かがいこうごう)

咬み合わせが深く、あごのゆがみがありましたが、歯は抜かずに治療しました。

過蓋咬合

下の前歯も見えるようになり、あごのゆがみも治りました。

(3)八重歯(やえば)

笑うと目立っていた八重歯でしたが、上下小臼歯を抜いて、しっかりとした咬み合わせになりました。

八重歯

とても綺麗な歯並びになり、「矯正歯科に通って良かった」もっと早くに矯正歯科へ来れば良かったと喜んでおられました。

反対咬合(はんたいこうごう) うけ口

あごが左へ曲がっていたのと、あごが前に出ていたので、あご自体を後へ下げる外科手術も併用し、治療しました。

反対咬合

このページの上部へ

カレンダーからのご予約はこちらですメールでのお問い合わせはこちらです