見えない矯正

見えない矯正

「歯列矯正をしたい!」と思っても、装置が見えることに抵抗があって躊躇している方や、お仕事の都合で従来からの表側装置では治療しにくいと思っている人もいるでしょう。決して諦める必要はありません。歯の裏側に装置を着ける「見えない裏側矯正」・透明なマウスピースで治す「マウスピース矯正」があります。

装置が見えないこれらの矯正法は、周囲の人にほとんど気付かれずに治療することができます。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

マウスピース矯正とは、「アライナー」という透明のマウスピースを使用する治療で、約2週間に1度、少しずつ形状を変化させた新しいアライナーに交換しながら歯を動かす方法のことをいいます。

1日あたり20時間程度装着し、アライナー1個につき0.25mmの歯の移動を行います(アライナーの交換期間や装着時間などは症例によって多少異なります)。

他の矯正とは違い装置を取り外すことができ、ブラケットやワイヤーを装着しないので目立ちませんが、抜歯の必要性のない比較的簡単な矯正治療のみで適用可能となります。適応可能な症例は歯並びや噛み合わせの状態により異なり、ワイヤーを使った矯正と併用する場合もあります。

マウスピース矯正

リンガルブラケットシステム(舌側の矯正)

リンガル(舌の矯正)

リンガル(舌側矯正装置)は歯の裏側に矯正装置を装着することで、「裏側矯正」ともいわれています。一般的な矯正治療では歯の表側にワイヤーとブラケットを装着しますが、リンガルは歯の裏側に矯正装置を接着するので、外から見えないまま治療を行うことができます。

そのため治療中の心理的ストレスを軽減でき、表側にブラケットを装着しないので表面のエナメル質を傷つけない、というメリットもあります。しかし、表側矯正よりも若干費用がかかってしまいます。治療期間と治療結果については、表側矯正と変わりありません。

リンガル(舌の矯正)

カレンダーからのご予約はこちらですメールでのお問い合わせはこちらです